統合 Video Cloud Munchkinを使用してMarketoと

製品(複数可)
Video Cloud
Audience
役割
Studio ユーザー
トピック)
Audience/マーケティングオートメーション

このトピックでは、 Audience Marketo Munchkinで使用するためのモジュール。

Audience モジュールは許す Video Cloud からの表示データを同期させる Brightcove PlayerMarketoへ。 Once Marketoでは、このデータをセグメンテーション、キャンペーンロジック、レポート、リードスコアリング、パーソナライズコミュニケーションに使用できます。

設定方法については、 Audience MarketoでREST APIを使用するためのモジュール 統合 Video Cloud REST APIを使用したMarketoの使用.

Audience Marketoとのモジュール統合は、2つの主要コンポーネントで構成されています。

  • A Brightcove Player ビデオビューデータの追跡を可能にするプラグイン
  • トラッキングデータを送信する同期プロセス Video Cloud マーコへ

要件

使用するには Audience モジュールをMarketoと組み合わせるには、次のことが必要です。

  • Munchkin APIを有効にしたMarketoアカウントを持っている - あなたのMunchkinアカウントIDが必要です Marketo munchkinへのアクセス 以下); Munchkin Userロールを持つユーザーは、これらの値にアクセスできる必要があります
  • プロフェッショナルまたはエンタープライズを持つ Video Cloud アカウント
  • 持っている Audience モジュールを開くと表示される最初のスプラッシュ画面に必要な情報を送信して、アカウント用に有効にする Audience モジュール
  • モジュールを初めて使用するときは、サービス契約をクリックしてください
  • プレーヤを公開するときは、高度な埋め込み(ページはめ込み)公開コードを使用してください。 プラグインがiframeの内部で実行されるため、親ページのURLパラメータにアクセスすることができず、正しいCookieを取得できないため、標準埋め込みコード(iframe)の公開コードは機能しません

機能

いくつかの Video Cloud - Marketoの統合は次のとおりです。

  • 鉛フォーム - 視聴者が動画を見ると自動的に表示されるMarketoフォームを作成します。 詳細は、次を参照してください。 Marketoのカスタムリードフォームの作成.
  • データフォーマット - ビデオクラウド表示データは、ページビューまたは仮想Web訪問としてMarketoに配信されます。 ウェブページ訪問イベントは、視聴者の関与レベルを示すクエリパラメータを含む。 Marketoに複製されるデータは次のとおりです。
    • ビデオ名
    • 動画ID
    • アカウントID (Video Cloud)
    • ページURL(参照ページのURL)
    • プレイヤーID(Video Cloud プレーヤー)
    • 視聴率(25%、50%、75%、95%)
  • データ転送 - データの表示はMarketoに直ちに送信されます。 Audience-enabled Brightcove プレーヤーはそれを生成する。 ただし、Marketoプラットフォームの一部のレポートでは、更新に時間がかかることがあります
  • データ保持 - 収集されたデータは、オプションで保持することができます Video Cloud 6月まで

Marketo munchkinへのアクセス

統合を設定するとき Video Cloudあなたは、あなたのMarketoマンチカンを求められます。 この値にアクセスするには、以下の手順に従ってください。

  1. Marketoアカウントにログインします。
  2. 次をクリックします: 管理者 上部のナビゲーションに表示されます。
  3. 左側のナビゲーションで、 管理者 > 統合 > マンチカン.
    marketoのアカウント設定
  4. コピー マンチカンアカウントID 安全な場所に保管してください。 設定するときに必要になります Audience モジュールを開きます。
    marketo-account-id

接続の設定

次の手順に従って、次の手順を実行します。 Video Cloud そしてMarketo。

間の接続を確立する Video Cloud とマーコ

  1. Video Cloud Studioで Audience モジュールをクリックして データ接続 を左側のナビゲーションパネルでクリックします。
  2. 次をクリックします: 新しい接続を追加する.
  3. 次を選択します: Marketo 統合として。

    注:利用可能な統合は、 Video Cloud サブスクリプション。

  4. (オプション) 接続名.
    オーディエンス設定
  5. 次をクリックします: SNS.
  6. 次を選択します: 大容量(マンチキン) [OK]をクリックします 保存.
    市場統合型

    注:REST統合の使用方法については、 統合 Video Cloud REST APIを使用したMarketoの使用.

  7. エディタの下部にある 空の 内のリンク MarketoアカウントID セクション。 あなたの中に貼り付ける マンチカンアカウントID をクリックし、 保存.
    Marketoのスプラッシュ画面

Video Cloud Marketoへの接続が設定され、使用準備が整いました。

統合の設定

Once インクルード Video Cloud Marketoの接続が行われて、あなたは統合を構成することができます。

接続されたオプション
  1. デフォルトでは、 接続状態 なります 使用可能を指定します。 接続状態 if Video Cloud 動画エンゲージメントデータがMarketoに送信されます。
    • 使用可能 - データが収集され、Marketoに送信されます
    • 使用禁止 - データは収集されません(統合は無効です)

Marketoとの統合を解除するには、をクリックします。 切断を指定します。 Audience モジュールはマーケティングプラットフォームへの複数の接続をサポートします。 クリック 新しい接続を追加する 追加の統合を構成します。

アンケートの作成 Audience対応プレイヤー

動画エンゲージメントデータは、Marketoに送信されるのは、 Audience有効なビデオプレーヤー。 作成する方法については、 Audience-enabled Brightcove Playerを参照してください アンケートの作成 Audience有効プレーヤー.

トラッキングIDを渡す

Audience moduleは追跡ID値をMarketoに渡す機能をサポートします。 追跡IDは、たとえばキャンペーンIDを追跡するために使用できます。 追跡IDは、を表示するURLに追加できます。 Audienceプレーヤーを有効にするか、プレーヤーにコードを埋め込む

  • 例:URLに追加
  http://www.myurl.com/video.html?bctrackingid=12345
  • 例:プレーヤーの埋め込みコードに追加
  <video data-video-id="6033402539001" 
         data-account="1486906377" 
         data-player="default" 
         data-embed="default" 
         data-application-id 
         class="video-js"
         data-bc-trackingid="12345" 
         controls></video>
  <script src="//players.brightcove.net/1486906377/default_default/index.min.js"></script>

Audience 同期された別のフィールドとしてMarketoに値を渡します。