アンケートの作成 Audience有効プレーヤー

製品(複数可)
Video Cloud
Audience
役割
Studio ユーザー
タスク
プレーヤーの作成と設定
トピック)
Audience/マーケティングオートメーション

このトピックでは、 Audience-enabled Brightcove プレイヤー。

動画エンゲージメントデータは、動画コンテンツを Audience-enabled Brightcove Player。 作成する方法は2つあります。 Audience有効プレイヤー:

新しいプレーヤーを作成する Audience モジュール

作成する前に Audience対応プレイヤー Audience モジュール、 Audience モジュールは、少なくとも1つのデータ接続で構成する必要があります。

注意してください Audience 追跡 デフォルトで提供されます。 作成するには Audience対応プレイヤー Audience モジュールをインストールするには、次の手順を実行します

  1. Video Cloud Studioで Audience モジュールを開きます。
  2. 次をクリックします: Audience Players を左側のナビゲーションパネルでクリックします。
  3. 次をクリックします: プレイヤーを作成する。 新しいです Audience有効になっているプレイヤーが作成され、プレイヤーのリストに表示されます。
    新しいプレーヤー
  4. 使い方 に接続します ドロップダウンで、プレーヤーが使用するデータ接続を選択します。
    統合を選択
  5. (オプション) リードフォーム ドロップダウンリストから リードフォーム プレーヤーが使用することになります。

有効にします Audience 既存のプレーヤーで

に Audience既存のプレーヤーを有効にするには、次の手順に従います。

  1. Video Cloud Studioで Players モジュールを開きます。
  2. プレーヤーの名前をクリックすると、プレーヤーのプロパティが開きます。
  3. 次をクリックします: Audience をクリックします。左側のナビゲーションメニューにあります。
  4. サイドバーにプレイリストを表示するには、 有効にします Audience のオプションを選択します。
  5. 使用 に接続します ドロップダウンを使用して Audience 接続。
  6. (オプション) リードフォーム ドロップダウンを選択して リードフォーム 使用しています。
    未発表の変更メッセージ
  7. 次をクリックします: 保存。 未発行の変更があることを示すメッセージが表示されます。
    未発表の変更メッセージ
  8. 次をクリックします: パブリッシュ&埋め込み をクリックし、 変更を公開する 変更をプレーヤーに公開する。
  9. に戻る Audience モジュール。 クリック Audience Players を左側のナビゲーションパネルでクリックします。
  10. プレーヤーがリストに表示されていることを確認する Audience プレーヤー。
    カスタムオーディエンスプレーヤー