プレーヤーの広告を設定する

Product(s)
Brightcove Player
Video Cloud
Role(s)
Studio のユーザー様
プレーヤー開発者
Task(s)
プレーヤーの作成と設定
Topic(s)
広告

このトピックでは、IMA3 広告を表示できるようにプレーヤーを設定する方法の概要を示します。

広告プロパティは、Brightcove Player に Google のInteractive Media Ads (IMA) for HTML5 version 3 を統合するために使用します。これにより、プレーヤーの VAST 広告を要求、追跡できるようになります。Google IMA の詳細は、「IMA HTML5 SDK Version 3」の技術文書を参照してください。
このトピックには次のセクションがあります。

広告サーバーをテストする

広告プロパティの構成を行うときには、広告サーバー URL が必要です。ブライトコーブでは、お使いの広告サーバー URL の有効性を確認することをお勧めしています。広告が再生されないという問題のほとんどは、広告タグ自体の問題であることが多いのです。広告タグの有効性を確認することで、問題なく広告が再生できるようになるでしょう。
Google は、広告タグの有効性を確認できる Video Suite Inspector を提供しています。広告タグの有効性を確認するには、次の手順に従ってください。

  1. Video Suite Inspector のページを開きます。
  2. Input type フォームの入力フィールドに、広告タグの URL を貼り付けます。
    IMA プラグイン Studio
  3. [TEST AD] をクリックします。
  4. 広告が再生されることを確認します。このテスト環境で広告タグが機能しなければ、Brightcove Player でも機能しません。

広告プロパティの構成を行う

プレーヤーの広告プロパティの構成を行うには、次の手順に従います。

  1. ナビゲーション ヘッダーの [プレーヤー] をクリックし、Players モジュールを開きます。
  2. 構成したいプレーヤーのリンクをクリックします。
  3. Advertising セクションを探して [Edit ] をクリックするか、セクション内をダブルクリックします。
  4. [Yes] をクリックして、IMA 広告を有効にします。
  5. 広告サーバーのサーバー URL を入力します。
  6. Request Ads 設定を選択します。
    • On load – プレーヤーが読み込まれたらすぐに広告が要求されます(これは通常、DFP / VPAID では最適なエクスペリエンスです)。
    • On play – 最初の広告要求は、再生が開始されるまで行われません。
    • On demand – すべての広告要求は、player.ima3.adrequest() メソッドを使用してプログラム的に開始されます。
    • On cue point – 動画中で広告キューポイントに到達すると、広告要求が行われます。
  7. 使用する Ad Playback Technology を選択します。プレーヤーは初期化時にそれぞれの広告テクノロジーをテストし、最初にサポートを確認したテクノロジーをプレーヤーが有効である限り使用します。
    • HTML5 – HTML5 ベースの広告を使用します。使用可能なものがなければ、広告は再生されません。
    • Flash Preferred (legacy) – Flash ベースの広告を使用します。利用可能なものがなければ、HTML5 ベースの広告を使用します。
  8. 広告の VPAID Mode を選択します。VPAID Mode は、IMA 広告の VPAID 2 サポートを有効にするために使用されます。
    • Enabled – VPAID 広告を異なるドメインの iframe 内で再生します。
    • Insecure – VPAID 広告を同じドメインの iframe 内で再生します。
    • Disabled – VPAID 広告はエラーを返します。
  9. 初期化時の Timeout 値を設定しますこれは、広告再生が開始される前の初期化のために待機する上限時間(ミリ秒単位)です。
  10. [保存] をクリックして、変更を保存します。

広告プロパティへの変更を保存すると、IMA プラグインは、プラグインの設定の一部として構成されます。

IMA プラグインは、UI では利用できない追加のプロパティもサポートしています。必要があれば、IMA プラグイン JSON を書き換えて、ほかの必要なオプションを含めることが可能です。IMA プラグインの具体的なオプションと広告フレームワークのオプションについては、「IMA3 プラグインを利用した広告ガイド」開発者用文書を参照してください。