動画から静止画像をキャプチャーする

製品エディション
Video CloudExpress I, Express II, Express III, Professional, Enterprise

現アカウントにある動画にサムネイル画像および静止画像を割り当てることができます。これらの画像は、視聴者がプレイリストまたはコンテンツの他のリストで視聴したい動画を選ぶ場合に役立ちます。

静止画像およびサムネイルは、以下の領域に表示されます。

  • サムネイル画像はメディア モジュールに表示されます。また、Tabbed Navigation プレーヤーおよび Widescreen with Horizontal List プレーヤーなどのプレイリスト タブまたは動画リスト コンポーネントにも表示されます。
  • 静止画像は動画再生の開始前または終了後に、動画プレーヤーの再生領域に表示されます。
  • カスタム プレーヤー テンプレートまたは Media API を使用する場合、サムネイル画像および静止画像をその他の場所に表示できます。静止画像およびサムネイル用に、動画から作成した同じ画像を使用できます。同様に、静止画像とサムネイルに異なる画像を使用することもできます。3 つ目のオプションは、静止画像およびサムネイルに(グラフィック ソフトで作成したプロモーション画像など)別のソースから取得した画像を使用することです。

Video Cloud にアップロードしトランスコードされた動画の場合、サムネイルと静止画像は自動的に作成されます。そのために、主レンディションのスナップショットが動画の中間点で取得されます。主レンディションとは、トランスコード設定で定義された複数のレンディションのリストで最初のレンディションのことです。

取り込まれたデフォルトの画像が気に入らない場合、以下の方法のいずれかを使用して、サムネイルおよび静止画像として他の画像を割り当てることができます。

  • Media モジュールの画像キャプチャー ツールを使用して、新しい画像を取り込むことができます
  • Media モジュールを使用して、ご自身の画像をアップロードできます
  • FTP バッチ プロビジョニングまたは Media API を使用して、新しい画像をアップロードできます

このトピックでは、次の点について学習します。

Media モジュールで画像キャプチャー ツールを使用する

Media モジュールには画像キャプチャー ツールが備わっています。このツールを使用して、動画のフレームからサムネイル画像と静止画像を作成することができます。画像キャプチャー ツールは、プログレッシブ ダウンロード アセットおよびストリーミング アセットの両方に利用できます。

画像キャプチャー ツールを使用するには、次の手順を行います。

  1. Media モジュールで、画像を作成したい動画を選択します。
  2. [詳細] ペインのプレビュー/キャプチャー領域をクリックして、[プレビュー] ウィンドウを開きます。

  3. [プレビュー] ウィンドウの右上にあるドロップダウンを使用して、静止画像を取得したいレンディションを選択します。動画に複数のレンディションがある場合、選択したレンディションが画像のサイズや質に影響することがあります。画像サイズの制御方法についてはこちらを参照してください。

    画像の幅には制限があります。動画静止画像は 480 ピクセル、サムネイルは 160 ピクセルです。キャプチャーするレンディションに関係なく、このサイズが最大です。

    レンディションの選択
  4. プレビュー/キャプチャー領域で、進行バーのコントロールを使用してキャプチャーしたいフレームを表示するか、または、目的のフレームまで動画を再生します。
  5. (任意)[枠に合わせる] を選択します。[枠に合わせる] オプションを使用するのは、キャプチャーする画像のサイズがプレビュー/キャプチャー領域より小さい場合です。このオプションを使用した場合、プレビュー/キャプチャー領域のサイズに合わせて動画がプレビューされるので、動画からキャプチャーした画像の周囲に黒の枠線が付くことはありません。
  6. [キャプチャー] をクリックします。
  7. [静止動画] または [サムネイル]、あるいはその両方を選択します。作成する画像ファイルの名前を入力することもできます。

    レンディションの選択
  8. オプションで、トリミング アイコンをクリックし、使用する画像の一部を選択します。サイズ設定スライダーを使用して、取り込む画像のサイズを設定します。取り込む画像のアスペクト比も選択できます。終了後、[完了] をクリックします。

    レンディションの選択
  9. [保存して閉じる] をクリックします。[保存して閉じる] をクリックすると、詳細ペインのプレビュー/キャプチャー領域に、「画像を処理中...」というメッセージが表示されます。

処理が終了すると、新しいサムネイル画像または静止画像は、動画に関連付けられます。[更新] ボタンをクリックしないと、新しい画像が表示されない場合があります。処理されると、新しいサムネイル画像は Media モジュールのサムネイル列および [詳細] ペインに表示されます。サムネイル画像と静止画像は、動画プロパティの [基本] タブにも表示されます(このタブで削除や置換ができます)。

Media モジュールを使用して自分の画像をアップロードする

また、サムネイルおよび静止画像として使用するため、ご自身の画像をアップロードできます。JPG、GIF、PNG、TIFF 形式をサポートしていますが、写真には JPG、グラフィックスには PNG または GIF を推奨します。自分の画像をアップロードするには、次の手順を行います。

  1. Media モジュールで、画像をアップロードしたい動画を選択します。
  2. アクション ツールバーの [編集] ボタンをクリックします。
  3. [基本] タグの [画像] セクションに移動します。[アップロード] ボタンをクリックして、新しい画像を選択しアップロードします。以前にアップロードした画像を選択するには、[選択] をクリックします。

    レンディションの選択
  4. 終了後 [変更の保存] をクリックします。

Video Cloud は、未使用のメディア アセットがないかを定期的にスキャンします。長期間参照されていない画像ファイルは削除されます。

画像のアスペクト比

デフォルトでは、静止動画のアスペクト比は、アップロードした動画と同じになります。たとえば、アスペクト比が 16:9 の動画をアップロードした場合、静止動画も 16:9 で表示されます。静止動画画像のアスペクト比を変更することはできません。

サムネイル画像のアスペクト比は変更可能です。デフォルトでは、サムネイル画像は、すべてのアップロードされた動画で 4:3 となります。これは、4:3 のアスペクト比が Video Cloud 標準プレーヤー テンプレートで表示されるサイズとなるためです。16:9 のサムネイル画像を作成した場合は、次の手順を行います。

  1. サンプル サムネイル画像の [トリミング] アイコンをクリックします。
  2. ウィンドウの下部に表示された比率コントロールで、サムネイル画像のアスペクト比を 4:3 または 16:9 に設定します。
  3. サムネイル画像のアスペクト比調整が完了後に、[完了] をクリックします。

関連トピック

新しいコメントを投稿する

The content of this field is kept private and will not be shown publicly.
0

コメント